2012年12月31日月曜日

上手に今年を振り返り、新年の目標を達成する方法


もうすぐ2012年が終わり、2013年を迎えようとしている。

あと2時間足らずをじたばたしたって何もできないだろうし、ぜひ今年の振り返りと来年の目標に時間を割いてほしい。



まず、振り返りに関して。

反省はおおいに大事だが、「できなかった」ことを考えるより「できた」ことを数えることをお勧めする。
「自分はダメだ」と考えてしまうと、人間はより悪い行動を取ってしまう性質がある。
「今年はこれだけ色々なことができたのだから、来年はこれぐらい難しいこともできるだろう」という感じでいた方が、うまくいくし、楽しいはず。あなたのあふれんばかりの「愛」をまず自分に向けてあげてほしい。

私はあなたのことをおそらく知りませんが、おそらくあなたはほめて伸びるタイプですよ。



さて、次に、2013年を最高に過ごす算段を考えよう。

新年を迎えるにあたり、目標を立てる人が多いわけだが、なかなか目標どおり一年を過ごせる人が少ないわけだ。

そんな方のために、今年最後に本を2冊紹介しよう。


1冊目は「スタンフォードの自分を変える教室」だ。うさんくさい邦題がついているが、これは人間の意志力を科学的に解説した本である。まさに新年の目標を立てようとしているあなたにぴったりの本だ。

この本は人がダイエットに失敗してしまう要因や、良いことをした後には悪いことをしたくなってしまう人間の性質を読みやすい文章でわかりやすく説明してくれている。何度目標をたてて、頑張ろうとしてもすぐ挫折してしまう人にはとくにおすすめの一冊だ。


2冊目は「夢をかなえるゾウ」。数年前に流行した小説なので名前ぐらい知っている人も多いだろう。今年こそは変わりたい!!って人にお勧めの本だ。

人は変わろうと思うだけでは、何も変わることができない。小さなことでも一つ一つの具体的な行動を変えていくことで生き方が変わるということを教えてくれる一冊だ。ところどころで出てくる偉人の話はためになるし、小説全体に笑いがちりばめられていて楽しく読める。



来年の目標に「読書」を入れている人はこの2冊から2013年をはじめてみてはいかがだろうか?






クリックに感謝 ⇒ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラサーサラリーマンへ


0 件のコメント:

コメントを投稿