2010年12月16日木曜日

第一回会議 2010/12/15

 少し前から京大桂キャンパスで面白いサークルを作ろうと画策している。「ひらめき力」「ビジネス」「他分野の融合」 あたりをキーワードに昼休みを使って活動しようというものだ。はじめは、京大のグローバルリーダーシッププログラムを参考にしようと思っていたが、だんだんと構想が固まってきて、より面白いものになりそうな予感がしてきている。

 どうスタートを切るかが難しくて、手をこまねいていたが、最近、「ひらめき力」の育て方―だれも思いつかない、だからビッグビジネスになるの著者である大嶋様から応援をいただいた。優秀で信頼のおける人を捕まえた。

 良い風が吹き始めたので、そのサークル活動をついに開始することにした。ちなみにまだ名前すら付けていない。今後入ってくるメンバーと一緒に決めたいからだ。

  実はそのサークル用のブログを作り始めているのだが、サークル名が決まらないのでドメインも決められず、公開できない。そこで、ここから数回は会議の様子を本ブログで紹介したいと思う。

 もし、興味を持っていただいたなら、連絡をください。一緒にすごいサークルを作りましょう。



--------- 以下「第一回会議」転載 ---------------

 記念すべき第一回目の会議が開かれました。
 出席者は・・・、2人。

 まぁ、最初はこんなものでしょう。
頑張って面白い人を集めて、高レベルなことに挑戦していきたいです。

 今回の会議はお題が2個ありました。

「今後この集団は何をやっていくのか?」

 創成期ということもあり、こんな基本的なことから決めていかなければなりません。生みの苦しみ、とも言いますが、そこが面白いところです。2人で話しあった結果、イメージとして 20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義に 出てくるようなことをしようということになりました。そのためにもまずは、「50万円の電気自動車を作るには?」とか「2000円でできるビジネスを考え る」、「6畳1間で100億円ビジネスを作るには?」などをテーマにして「ひらめき力」強化に取り組むという方向で考えています。
まだまだきちんと考えていかなければならないのでしょうが、なんとなくでも方向性が決まってきました。新たなメンバーも加えて基盤を固めていきたいです。


「どうやってこの集団に人を集めるのか?」

 2人しかいないのですからこれは死活問題です。
AIDMAのフレームワークをへたくそながらも使い、人を誘う方法を考えました。
20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義は私たちの活動を説明するのにわかりやすいということで、さっそく参考資料用にアマゾンで取り寄せることにしました。
興味のある方には貸し出します。

 さらに「ひらめき力」の育て方―だれも思いつかない、だからビッグビジネスになるという本を著者である大嶋 光昭様より寄贈いただいたので、こちらも参考資料としています。
私たちのやっていることに興味をもって参加いただける方にはこちらの本をプレゼントいたしますのでご連絡ください。


 ちなみに次回は2010/12/21(火)11:30から第2回会議を行いますので興味を持たれた方はご連絡ください。桂キャンパスのどこで開くか等の詳細情報を送ります。



記念すべき第一回目会議終了後の白板









クリックに感謝 ⇒ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラサーサラリーマンへ


6 件のコメント:

  1. わお!何か素敵なことしてる^^

                みちゆ
     
     

    返信削除
  2. えー、もう、なんかいつも突貫で走り続けています。

    返信削除
  3. 始まってますね~!来年、桂に行けたら参加したいです!!

    返信削除
  4. >わんさん

     吉田でも始めるとか始めないとか・・・.発起人(?)から返信が来ないので,あなたを紹介することもできずに困っています.

     研究室に配属されると死ぬほど忙しくなりますが,参加することで良い経験を得られるものにしたいと思うので,ぜひわんさんにも参加してほしいと思います.

    返信削除
  5. 2月の試験明け以降なら桂に行けるので、機会があれば研究室配属より前にも参加したいです。吉田でやるにしても、学校に来るのは実質1ヶ月ほどですしね;;

    返信削除
  6. >わんさん

     了解です.
    今日の会議では組織の目的をうまく定義しきれずに悩み中.

    返信削除