2009年12月6日日曜日

ポルトガルで自転車とパソコンの修理に出すと・・・

 パソコンの不具合により、しばらく休んでいたブログですが再開します。再開するということはパソコンは修理されたのかと思うでしょうが、そこは少し違います。

 先日発生した不具合と言うのはキーボードの一部のキーが反応しなくなるというものでした。そこで、家の近くのパソコン修理店に持って行きました。私のパソコンはTOSHIBAのNB100で、そこは、TOSHIBAの故障パソコンを預かり、修理施設に送る場所でした。

 まず、はじめに見積もりをお願いしたのですが、見積もりにはなんと1週間もかかると言われ、1週間待たされることに…。そして、昨日、その結果を聞きに いくと、いまだに見積もりができていないと返答されました。そこで、店員が突然電話をどこかにかけはじめ、しばらく待っていると、60ユーロだと言われま した。

 えーっ、やろうと思えば、電話1本で終わるのに、1週間待たせたの? そして、修理には3週間かかると言われました。いまどき3週間も修理に時間がかかるってどういうことですか? これも電話一本で…、どうにかならないでしょうが、まさか3週間もかかる故障じゃないでしょう。ポルトガルで買ってから1年もたっていない故障なのに60 ユーロもかかるんですか? 海外に出るとTOSHIBAのパソコンでもサポートはこんなものなのですか…。


 すでに疑問に思われたかもしれませんが、では、なぜ現在ブログをかけているのか? それは修理をあきらめたからです。10ユーロで普通のキーボードを買ってきました。ノートパソコンとしては致命的かもしれませんが、あまり持ち運びをしな いのでとりあえず、ポルトガルにいる間はこれで乗り切れると思います。


 故障していた自転車ですが、修理に出したらほぼ1日で直してくれました。お代も新しい部品代もあわせて9ユーロぐらいでした。修理のサービスをやっているのかわかりにくくて困るのですが、パソコンよりも迅速に対応してもらえるので助かります。

クリックに感謝 ⇒ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラサーサラリーマンへ


0 件のコメント:

コメントを投稿