2009年1月18日日曜日

ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か

TOCという経営手法をご存知だろうか?

簡単に説明すれば、制約条件(ボトルネック)を改善しない限り、他の部分をいくら改善しようと、効果がないという考え方のもと、制約条件になっている部分を集中的に改善することで儲けを増やそうという考え方だ。さらに、その制約条件が全体の成果を決定してしまうなら、各部分の能力もその制約条件にあわせて連動させれば、無駄なく、しかも少ない労力で管理ができるという。ある意味、制約という負の要素を正の要素としてうまく使っていると言えるだろう。

TOCはエリヤフ・ゴールドラット氏著の“ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か”によって広く知れ渡った。もし、読んだことがない方は、ぜひ読んでみて欲しい。特に、ビジネス環境に身を置く人や、置こうとしている人は読んでおかないと、話についていけない可能性がある。それほど有名で、かつ誰でも読める簡単な本だ。小説形式なので手に取ったときにびっくりするかもしれないが・・・。

TOCの基本的なことが"ゴール・システム・コンサルティング株式会社"のサイトにまとられていた。小説を読んだあとに見てみたところ、小説ではつかめなかったTOCの体系的な考えを得ることができた。一部に関しては、エリヤフ・ゴールドラット氏の他の著書である“ザ・ゴール 2 ― 思考プロセス ”や“クリティカルチェーン―なぜ、プロジェクトは予定どおりに進まないのか? ”の内容が書かれていて混乱するかもしれないが、そのときはいっそ上記の2冊も読んでみてほしい。エリヤフゴールドラット氏の本は得るものが多いので読んで損はないはずだ。

ザ・ゴールにも出てくるのだが、TOCを導入したときには必ずといっていいほど利益が減少するという問題が生じるようだ。これは、在庫コストの会計処理における見かけの問題なのだが、TOCを導入したときにかならずといっていいほどぶつかる問題だと“トヨタシステムと管理会計―全体最適経営システムの再構築をめざして”に書かれていた。経理は利益を下げる改善は失敗したものだと思うし、技術者の多くは利益が下がる理由を明確に説明できないそうだ。

やはり、理系の技術者も、もっと文系に属する学問を勉強しなければならないということだろう。朝日新聞(2009/01/18朝刊)に“就職漂流博士の末は”というものがあった。内容は日本で博士号をとっても、高い専門性の割には、企業のニーズとのギャップにより就職に苦労するというものだ。

博士号を取るということはそれだけ、勉強に費やせる時間が長いはずだ。博士になる人には、ぜひとも専門分野だけでなく、多くの分野を学んでいただき、学問を統合する力を持つ人材になってほしいものだ。様々な分野に精通して、各分野を統合できる博士は日本の将来を背負っているといって過言ではないだろう。


クリックに感謝 ⇒ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラサーサラリーマンへ


0 件のコメント:

コメントを投稿