2013年7月13日土曜日

ろくな政治家がいないというのは少し恥ずかしいことかもしれない

そろそろ参議院選挙がありますね。

公約読もうとしてみると、公約はなにやら良さそうなことをずらずらと並べているだけのようで、政党間の違いを理解するのは、なんとも難しいものに思われる。具体的に何をするのかよくわからないものまで公約に盛り込んでいることが多いので何が何やらと頭を抱えてしまう。現代っ子の私はもう少しわかりやすく要点を絞って欲しいと思ってしまう軟弱モノです。


「政治家にろくな人がいない!!」という人が日本にはいっぱいいるようで、私の給料がよくないのも、お野菜の値段が高いのも、33Qのブログがつまらないのも全て政治家の責任のようである。

でも、私はよく思うのだが、政治家の批判をする人の多くは政治家がどのような仕事をどのようにしているか理解していないのではないだろうか。理解していなくとも、新聞、テレビ、周りの人が政治家がダメというから、政治家批判をしているわけだ。ふむ、これはいささかかっこよくない。


「十二国記」という私の好きな小説に以下のようなセリフがあり、好きな言葉としてFacebookのプロフィールページに引用している。

「他者に虐げられても屈することない心、災厄に襲われても挫けることのない心、不正があれが正すことを恐れず、豹虎に媚びず、わたしは慶の民にそんな不羈の民になってほしい。己という領土を治める唯一無二の君主に」by 慶国景王赤子 (十二国記 風の万里 黎明の空)

小説のストーリー上、政治の不正に対して断固として反対するということも強調されえているが、「不羈の民」、「己という領土を治める唯一無二の君主」になるというところに注目して欲しい。


なかなか世の中ばら色とはいかないものだが、人生のうまくいかないことを他人の責任にしても仕方がない。自分の周辺でうまくいっていないことがあるならば、まず、あなたが改善のための何か策を打てば良い。なぜならば、あなたはあなたの人生の王なのだから。




十二国記はストーリーの面白さもさることながら、学ぶことが多い小説です。まだ読んでいない人はぜひこの夏に。



クリックに感謝 ⇒ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラサーサラリーマンへ


2013年6月6日木曜日

南蛮INFO-ポルトガル旅行・生活情報-のページランクが3に!!

私が運営しているポルトガルに関するWEBサイト「南蛮INFO-ポルトガル旅行・生活情報-」がいつのまにかにページランク3になっていた。

一日の訪問者数が平均30人ぐらいになっていた(たった30だけだが、昔よりだいぶ増えた)。

あまり更新しないだけにちょっとびっくりした。

たまには更新するのでこれからも「南蛮INFO-ポルトガル旅行・生活情報-」をよろしくお願いします。

クリックに感謝 ⇒ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラサーサラリーマンへ


2013年5月26日日曜日

千葉市長選が熱い

千葉市在住の方は皆ご存知だと思うが、本日は千葉市の市長選挙だ。

国政ではないので興味のない方は多いだろうが、少なくとも千葉市に住んでいる人には興味を持っていただきたいイベントである。立候補者は以下の3人だ。
  • くろす康代
  • くまがい俊人
  • いまむら敏昭


なぜあえて久しぶりにブログを更新して千葉市長選の記事を書いているかというとこの市長選が注目に値するだけ面白いものだからだ。

現千葉市長の熊谷俊人(くまがいとしひと)さんは大阪市長の橋本さんや名古屋市長の河村さんほどではないにしても、結構注目されている市長である。

熊谷市長は戦後初の民間出身市長として4年前に当選し(2009年当時では史上最年少市長)、財政危機の千葉市の行政改革を今まで進めてきた。今回の市長選は、熊谷市長が4年間の行政改革を評価されて再当選するか、それとも、改革の痛みに耐え切れなくなった市民に反対されて他の候補が選ばれるかという千葉市政の今後の方向性を決める大事な選挙なのである。


私は熊谷市長に興味を持ったので、熊谷市長が執筆された公務員ってなんだ? ~最年少市長が見た地方行政の真実~という本を買って読んでみた。

以下が、本を読んで感じた熊谷市長の感想。

  • コスト意識が強い
  • 責任を取ろうとする姿勢を持つ
  • 理想は高いが改革は現実主義に見える
  • 情報発信を大事にしている
  • 市の街づくりに市民の参画を願っている





熊谷市長は情報発信に優れた方なので氏の考えを知ろうと思えばいくらでも情報を集めることができる。

熊谷俊人 公式Webサイト
http://www.kumagai-chiba.jp/

千葉市長・熊谷俊人 Blog
http://kumagai-chiba.seesaa.net/

Twitter (@kumagai_chiba)
https://twitter.com/kumagai_chiba


その他の候補者に関しては以下を参考にしていただきたい。

くろす康代 公式サイト
http://www.kurosu-yasuyo.com/

行政書士・いまむら敏明の日記
http://imamura.at.webry.info/

いまむら敏昭さんに関しては公式サイトにアクセスできなくなっていた。理由は正確にはわからないが、おそらく選挙期間中であるため、WEBサイトを閉鎖しているのだと思う。

正直、くろす康代さんといまむら敏昭さんは情報が少なすぎてどういう人なのかよくわからなかった。良い情報源あれば、コメントにでも記入してください。
(ちなみに、選挙直前のサイト更新だけが多い候補者なんてのもいることは知っておくとよい)

財政健全化の取組結果が千葉市のHPに記載あるのでそのリンクも示しておく。

財政健全化の取組結果(平成23年度)
http://www.city.chiba.jp/zaiseikyoku/zaisei/shikin/zaisei_keikaku2.html


別に誰に入れろとは言わない。政治への考えは人それぞれだ。でも、投票ぐらいには行きましょう。これだけは忘れないでほしい。

投票は権利ではなく、義務だと思う。民主主義は市民に選ぶ権利を与える。市民は選ぶ義務を果たす。そして、政治に問題が起こったときは、政治家のせいにするのではなく、おのれの責任と考えて受け止める。日本が健全な民主主義に一歩でも近づくように心から願って、本投稿をしめさせてもらう。



クリックに感謝 ⇒ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラサーサラリーマンへ


2013年2月25日月曜日

確定申告初心者が最短で申告書を作成する方法、経験則

確定申告をはじめてすることになった。
はじめてすることだった、かつ、周りに確定申告をしたことがある人がいなかったため、一から十まで自分で調べて申告書を作成したので非常に困難な道のりだった。

最終的には寄付金控除と投資の損益通算で1万5千円以上はお金が返ってくるという計算ができあがった。かけた時間はこの程度の見返りではもの足りないが、税金の仕組みと確定申告の手続きという新たな知識を得られたのでよしとしよう。

以下、確定申告の仕組みをくわしく説明する気はないが、今まで確定申告をしたことがなかったが、突然、確定申告をする必要が生じた人向けに、初心者の視点でのアドバイスを残しておく。

まず、第一のポイントは、
①国税庁の確定申告作成コーナー (http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/kakutei.htm) で確定申告書を作成すること。

「e-Tax」と「書面作成」のどちらかを選べる。
e-Taxは電子上で確定申告の手続きがほぼ全て済む方法であり、書面作成はwebページ上で作成した申告書を印刷し、現物を郵送する方法である。e-Taxは便利なようだが、事前手続きが必要で、初心者向きではない。初めての人はおとなしく書面作成を選ぶことをお勧めする。

この確定申告作成コーナーは源泉徴収表などに記載のある数字を言われるままに入力するだけで勝手に税金の計算をしてくれる優れものであり(国税庁で用意しているのだから当たり前か。。。)、いつのまにかに申告書ができあがる。

確定申告作成コーナーで作成した申告書は印刷し、必要書類を添えて送付すれば、わざわざ税務署に出向く必要もない。


確定申告する上での第二のポイントは
②おとなしく確定申告の本を1冊買いなさい。

すぐれた機能を持つ確定申告作成コーナーを使用しても、初心者はそうすんなりと申告書を作成できない可能性が高い。
なぜなら、税金の仕組みがまったくわからないからどこに何を記入して、どの仕組みを選べばよいかわからないから。総合課税か分離課税のどちらかを選択することを促されてもどちらが良いのかわからない。ヘルプ見ても、Googleで調べても断片的な知識が入るだけで全体像がまったくわからない。

こんなときに役立つのはちゃんと編集されて紙に印刷された本である。

私の場合は一般的な確定申告について書かれたものと、株などに投資をしている人向けの確定申告の本を1冊ずつ買ったが、何冊買うかはお好みで。申告の内容によっては1冊でも十分。1冊買って、特殊なところは立ち読みで済ますのもあり。雑誌程度の分量でイラストがたっぷり入ってる本を選べば内容は十分である。全部は読む必要ないのので読むのに時間もさほどかからない。


おまけ

お金の知識は持っていて損はない。確定申告をすることで税金の初歩知識を学ぶことができるので、還付金がほぼない場合も一度申告してみるのも悪くない。

「私は会社員で申告することがない」という人はぜひ寄付をしてみることをお勧めする。有名どころのNPO法人で領収書をきちんと出してくれるところなら控除を受けられます。寄付という良いことをして、勉強もできる。なんとすばらしいことか。

クリックに感謝 ⇒ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラサーサラリーマンへ


2012年12月31日月曜日

上手に今年を振り返り、新年の目標を達成する方法


もうすぐ2012年が終わり、2013年を迎えようとしている。

あと2時間足らずをじたばたしたって何もできないだろうし、ぜひ今年の振り返りと来年の目標に時間を割いてほしい。



まず、振り返りに関して。

反省はおおいに大事だが、「できなかった」ことを考えるより「できた」ことを数えることをお勧めする。
「自分はダメだ」と考えてしまうと、人間はより悪い行動を取ってしまう性質がある。
「今年はこれだけ色々なことができたのだから、来年はこれぐらい難しいこともできるだろう」という感じでいた方が、うまくいくし、楽しいはず。あなたのあふれんばかりの「愛」をまず自分に向けてあげてほしい。

私はあなたのことをおそらく知りませんが、おそらくあなたはほめて伸びるタイプですよ。



さて、次に、2013年を最高に過ごす算段を考えよう。

新年を迎えるにあたり、目標を立てる人が多いわけだが、なかなか目標どおり一年を過ごせる人が少ないわけだ。

そんな方のために、今年最後に本を2冊紹介しよう。


1冊目は「スタンフォードの自分を変える教室」だ。うさんくさい邦題がついているが、これは人間の意志力を科学的に解説した本である。まさに新年の目標を立てようとしているあなたにぴったりの本だ。

この本は人がダイエットに失敗してしまう要因や、良いことをした後には悪いことをしたくなってしまう人間の性質を読みやすい文章でわかりやすく説明してくれている。何度目標をたてて、頑張ろうとしてもすぐ挫折してしまう人にはとくにおすすめの一冊だ。


2冊目は「夢をかなえるゾウ」。数年前に流行した小説なので名前ぐらい知っている人も多いだろう。今年こそは変わりたい!!って人にお勧めの本だ。

人は変わろうと思うだけでは、何も変わることができない。小さなことでも一つ一つの具体的な行動を変えていくことで生き方が変わるということを教えてくれる一冊だ。ところどころで出てくる偉人の話はためになるし、小説全体に笑いがちりばめられていて楽しく読める。



来年の目標に「読書」を入れている人はこの2冊から2013年をはじめてみてはいかがだろうか?






クリックに感謝 ⇒ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラサーサラリーマンへ